天然水に含まれるミネラル成分
天然水に含まれるミネラル成分

天然水とミネラルウォーターの違い

天然水に含まれるミネラル成分 | 07月23日更新
天然水とミネラルウォーターの違い

私たち人間の身体は、その60%以上が水で構成されています。
ですから、毎日の生活の中で水を欠かすことはできません。
昔は、生活の中で飲用水として飲む水は水道水は当たり前でした。
しかし今は、水道水の中に入っている塩素などを気にする人が増えてきたこともあり、飲用水として水道水をそのまま飲む人は少なくなってきています。
特に若い人たちは、ファッションの一部のようにオシャレなボトルの天然水やミネラルウォーターを買って持ち歩いている様です。

そんな天然水とミネラルウォーターですが、あなたはその違いを知っていますか?
天然水とミネラルウォーターに違いがあるのか?と思う人も少なくないようですが、実はこの二つにはちょっとした違いがあります。
そこでここでは、天然水とミネラルウォーターがどのように違うのかということについてお伝えしていきます。

天然水とミネラルウォーター、この二つの決定的な違いは「加工の有無」です。
これら二つの水は、どちらも自然の中にある地下水や湧水から採水したものを使います。
採水した後で商品となるまでにどのような過程をたどっているかによって「天然水」なのか「ミネラルウォーター」なのかが変わってくるのです。
ミネラルウォーターというのは「ミネラル成分を含んだ水」のことです。
そうした意味であれば、広い意味では天然水もミネラルウォーターの一種だと言えます。

しかし、天然水は基本的に商品になるまでに大きく加工をされていません。
一方、ミネラルウォーターは自然のミネラル成分に加えて更にミネラルを追加していることもあります。
そうした意味では、ミネラルウォーターの中には「天然水」と呼ばれるものとそうではないものがあるということになるのです。
この違いが分かっていると、毎日の生活の中に自分の価値観に合ったおいしい水を取り入れていくことができます。
あなたもぜひ、そんな天然水とミネラルウォーターの違いを理解しておいてくださいね。

The following two tabs change content below.

天然水に含まれるミネラル成分

日頃飲んでいる天然水に含まれるミネラル成分。このミネラル成分について知識を得ることで、より美味しく天然水を飲めると思います。

最新記事 by 天然水に含まれるミネラル成分 (全て見る)

top